広報委員さんがんばって!

幼稚園・保育園・小学校、広報お役立ち情報

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新PTA広報の作り方 

こちらの本を図書館で見かけたので借りてみました。



1994年の発行です。

正直、ちょっと難しそうに思って、なかなか手を出せずにいたのですが。
読み始めてみたら、すんごく読みやすかったです!

前半は物語形式になっていて、広報委員長になった花子さんが、元新聞記者の叔父さんに広報誌作りについて教わるという形になっています。
全く何もわからない状態の花子さんに、広報の意味から、具体的な内容の決め方、編集の仕方など、叔父さんがアドバイスしてくれます。
最後にはPTAとはなんぞやとか、学校側と対立した時の考え方とか、そんなことまで載っています。

後半はもうちょっと突っ込んだ印刷技術の話などになっています。

広報委員になった方には、前半だけでもぜひ目を通してほしいです!
ただ単に作り方が載っているだけでなく、花子さんたちが失敗したやり方について叔父さんが的確なアドバイスを与えていたりするので、リアルな感じがします。

あと、こちらで提案されてた「任期二年の参議院方式」。
確かに一年広報委員をやって、やっとやり方がわかってきたかな~というころに任期が終わり。
また新年度は何もわからない人が委員になって…。
毎年この繰り返しでは、折角の経験も生かせないのではないかなと思います。
そこで一年生、三年生、五年生の広報委員は新人で、二年生、四年生、六年生の広報委員は前期から引き続き委員を務める。
というのが「任期二年の参議院方式」。
実際このような方式の学校もあるようです。

ただ、はじめから二年やらなければいけないとわかっていると、ただでさえ不人気(らしい)の広報委員は更に敬遠されてしまうのではないかと…。
やってみたら結構面白くて「これならもう一年できるかも?」と思う人もいると思うんですけれどね。



こちらの本、今は新品では手に入らないのかな…?
中古でも図書館でもいいので、機会があったらぜひ読んでみてください

スポンサーサイト
[ 2010/05/05 21:49 ] 広報誌の作り方 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
ウィジェット
プロフィール

フラン

Author:フラン
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー
最近のトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。